マンション購入経験者が教える「マンション購入」10のポイント!

マンションの購入をお考えですか? このサイトでは、5年前にマンション購入(中古を検討していましたが新築を買いました)を経験した筆者が、失敗しないマンション購入10のポイントを紹介しています。マンション購入を検討しているほとんどの人が、マンションを買うのははじめての体験です。もちろん私もそうでした。

*

マンション購入の予算はどれぐらいと考えればいい?

      2016/06/25

■マンション購入の予算について

一般的にマンション購入の予算は年収の7倍と言われています。しかし私はその金額は不動産がマンション購入を誘発するために(ある程度相場があった方が分かりやすいから)出した金額だと思います。年収の7倍と言っても30歳の年収と50歳の年収は違いますし、頭金の大小も人によって異なります。また年収は多いけど高級車を買いたい、旅行は毎年豪華に何ていう人もいたり逆に年収は少ないけど常に質素に暮らしているという人もいます。なので一概にこれ!という数値は誰にも出せないでしょう。
しかし共通して言えるのは例えば電車の中吊り広告などで出ている3LDK、3980万円~と言うのには注意してください。~という事は一番最安値の部屋の価格なので確実にそれより高くなります。さらにその最安値の価格も何だかんだ上乗せされ200〜300万円くらい高くなります。フロアによっても1階上がるだけで100万円上がる何ていうのはざらです。自分の立てた予算内でまかなえるからと安易な考えを持たずさらに金額がふくれると思ってください。

 

■予算はシビアに見ておいた方がいい

上記で予算は膨らむという旨をうたいましたが、さらに高額商品が高いと、

「あれもつけちゃえ、これもつけちゃえ」

といった感じで財布の紐が緩む傾向にあります。旅行に行って500円くらいのお菓子が安いと思うのも同じ心理でしょう。金銭感覚が狂うので、

「このオプションをつけたら5万円かかりますけど」

と言う甘い言葉に深く考えず、

「じゃあお願いします」

と言ってしまう傾向にあります。マンション購入の際にまずはマンションの予算を決めておく、次にオプションやリフォームの予算を決めておくといったように別に考えておく事をお勧めします。

そして希望の予算の他に、

「絶対この金額より上回ったらダメ」

と言うラインも決めておいた方がいいです。最初から自分の完璧を求めずに徐々にリフォームをしていきお金に余裕が出来たらちょっとづつ変えると言う方がオススメです。マンションを売る側は

「今オプションをつけたらこれだけお得に装備する事ができます」

と言うでしょうけど、後々の方が安くなる可能性もあるし、借入額が高くなると金利も高くなるというデメリットも出てきます。いじらなくてもいいところはあまりいじらず、極力出費を控える方がいいと思います。そして予算はシビアに見ておく方がいいでしょう。

■どこまでを予算に組み込むのか

02_question-man

先ほど予算マンションの金額の他にオプションやリフォームの予算も出しておいた方がいいと言いましたが家具なども予算に組み込んでおく方がいいかもしれません。立派な家を買っても家具を買ったら貯金がカツカツになってしまったという事になったら一大事です。マンションの購入という事だけにとらわれずに、「住む事に関してありとあらゆるものをコーディネートする」と言った広い視野で見ておいた方が後々余裕を持った生活を送る事が出来ると思います。

 - 未分類